林試の森 河津さくら

ここは明治33年(1900年)6月に当時の農商務省林野整理局が「目黒試験苗圃」としてスタートしたのが始まりで、その後「林業試験場」に名称を変更、林野庁の付属となり昭和53年まで営々として使用されてきました。  そして、筑波研究学園都市の建設に伴い、移転した跡地を整備し、「目黒公園」の暫定開放期間を経て、平成元年6月1日に「都立林試の森公園」として生まれ変わり開園しました。 この公園は東西に700m、南北に250mと細長く、外周の園路をぐるっと一周すると45分程で廻れます。「参照」
朝から春の嵐に雨が入って吹き荒れましたが、昼から5月の様な気温と晴れ間 散歩コースのサクラの花見をして来ました。
a0105819_10591780.jpg
a0105819_10592523.jpg
a0105819_10593257.jpg
a0105819_10594174.jpg
a0105819_10594810.jpg
a0105819_10595533.jpg
a0105819_110475.jpg
a0105819_1101279.jpg
a0105819_110212.jpg
a0105819_1102832.jpg
a0105819_1103573.jpg
a0105819_1104347.jpg
a0105819_1105446.jpg
a0105819_111426.jpg
a0105819_1111268.jpg
a0105819_1112162.jpg
a0105819_111297.jpg
a0105819_1113639.jpg

by camera-g3 | 2016-02-15 11:02 | Comments(0)