甲州ころ柿の里・恵林寺の紅葉

甲州ころ柿の里
日本有数の果物の産地、山梨県甲州市に秋が深まってくると、柿が玉すだれのようにつるされて農家の軒先を彩る集落がある。旧塩山市の松里地区で、周辺では「ころ柿の里」として知られている。甲州百目柿(ひゃくめがき)という大粒の渋柿の皮を剥いて天日干しにすると、約1か月間で甘みが凝縮された干し柿となる。ちょうど年末年始が食べ頃だという。
甲州でころ柿がつくられるようになったのは、戦国武将の武田信玄が陣中食として推奨したのがきっかけだそうだ。農家の軒先を彩るあたたかい柿の色は、400年以上変わらずにいるのだろう。

a0105819_1074297.jpg
a0105819_1075938.jpg
a0105819_108666.jpg
a0105819_108142.jpg
a0105819_1082350.jpg
a0105819_1083518.jpg

百目柿の皮むきから吊るし方を教わり我が家で吊るします
a0105819_101175.jpg
a0105819_10111772.jpg

恵林寺(えりんじ)は、山梨県甲州市塩山小屋敷(旧塩山市)にある寺院。山号は乾徳山。臨済宗妙心寺派に属する寺院である。庭園は国の名勝に指定されている
武田信玄の菩提寺である恵林寺明王堂には武田不動尊坐像及二童子像が安置されている。
a0105819_1014875.jpg
a0105819_10141972.jpg
a0105819_10142730.jpg
a0105819_10145998.jpg
a0105819_1015538.jpg
a0105819_10151457.jpg
a0105819_1015235.jpg
a0105819_10152977.jpg

庫裏の鬼瓦
明王殿に向かう廊下の左側には石庭があり、本堂を焼失した際の鬼瓦が展示されています。
庫裏(くり)とは、仏教寺院における伽藍のひとつ。庫裡とも書く。裡は裏の俗字であり、どちらも“うち”や“なか”を意味する。また庫院ともいう。
a0105819_1017747.jpg

a0105819_10174392.jpg
a0105819_10175014.jpg
a0105819_1018194.jpg
a0105819_10181258.jpg
a0105819_10182534.jpg
a0105819_10183870.jpg
a0105819_1019097.jpg
a0105819_10191014.jpg
a0105819_10193452.jpg
a0105819_10194469.jpg
a0105819_1020144.jpg
a0105819_10201646.jpg

三連休の最後で晴天で各高速道は大渋滞を予想して寺の中にも入らず、温泉も省略で中央道に入りましたが、予想した以上の渋滞でした、車中からの南アルプスです。
a0105819_10262617.jpg
a0105819_10264495.jpg
a0105819_10265338.jpg

自宅での干し柿です 庭での干場研究中
a0105819_1085948.jpg

by camera-g3 | 2012-11-27 10:33 | Comments(2)

Commented by あだっちゃん at 2012-11-28 17:43 x
山梨の恵林寺周辺の秋景色、素晴らしいですね。
此処は枯露柿の風景があるのが良いですね。
南アルプスが雪景色になっていますね。
私が11月初めに遠山郷に行った時はまだ山に雪がありませんでした。
Commented by camera-g3 at 2012-11-29 10:32
お早うございます
恵林寺周辺の農家に干してあるころ柿が楽しみで行ってますが、恵林寺境内の紅葉と時期があって楽しめます、帰りに白州の水汲みと温泉のコースですが、この日だけは我慢して早く帰路に・・でした