日本最北端のミカン狩り

地域グループのバスハイクで、ミカン狩り・温泉・足利のイルミネーションを楽しんできました。ミカン狩りの最北限は埼玉県寄居町(風布)だそうです,大きなミカンでしたので貰ったビニール袋にはいくつも入りませんでしたが、美味しいミカンでした

風布・みかん山は、今からさかのぼること450年ほど前、北条氏が鉢形城(現在、寄居町鉢形地区に城跡があります)を築城の際、当地の温暖な地理的環境に着目し、小田原より移植したことに始まったと言われています。

風布の歴史
a0105819_14384655.jpg

a0105819_143823.jpg
a0105819_14422412.jpg
a0105819_14425630.jpg
a0105819_1443383.jpg
a0105819_14431662.jpg
a0105819_1443215.jpg
a0105819_14432844.jpg
a0105819_14433584.jpg

埼玉県秩父市長瀞町
岩畳対岸の紅葉がその彩りを濃くし青空とコントラスト堪能しました。
a0105819_14451380.jpg

a0105819_14452210.jpg
a0105819_14453139.jpg
a0105819_1446814.jpg
a0105819_1446141.jpg
a0105819_14462160.jpg
a0105819_14462710.jpg

by camera-g3 | 2011-11-21 14:56 | Comments(2)

Commented by あだっちゃん at 2011-11-21 20:44 x
寄居がみかんの北限とは知りませんでした。
寄居は北条氏に所縁の地だから、小田原から持って行ったんですね。
長瀞の紅葉ももう少し先ですね。
Commented by camera-g3 at 2011-11-22 09:25
あだっちゃんおはようございます
私も初めて知ったのですが、ミカンはあの辺りまでのようですね、
長瀞は舟下りがメイーンだが天竜川での事故の後だけに一寸心配ですね、紅葉は1週間くらい早いですかね。